EdTech導入補助金2022を活用して
Cラーニングを無料導入したい高等学校募集します

top_img01.png

校務・学習支援システムである「Cラーニング」を無料導入し、実証していただける高等学校(中高一貫校含む)を募集いたします。

応募締め切り:2022年5月16日(月)まで

注)今年度は高等学校(中高一貫校含む)が対象となります。

Cラーニングについて

申し込みを締め切りました。
11校の申請を頂き、ありがとうございました。

Cラーニングはこれまで延べ20万人の小・中・高・専門・大学の学習者への導入実績がある先端的教育用ソフトウェア(EdTech)です。校務・授業支援のプラットフォームとして多くの教育機関で使用されています。

1.校務と授業の双方で使える

   1)保護者連絡

 ・一斉・個別のお知らせが簡単にでき、添付ファイルも可能です。

 ・欠席・遅刻の連絡がスマホから簡単にでき、先生からの返信もスタンプで送れます。  

    ・保護者向けアンケート(学校評価やPTA総会など)も簡単に実現、集計作業の効率化を図ります。

   2)生徒連絡・指導

 ・健康観察(検温)アンケートや、学習時間調査が毎日可能で、担任が素早く確認できます。

 ・学校連絡、学年連絡・学級連絡、部活連絡が簡単に行え、既読・未読も確認できます。

 ・学期ごとの「キャリアパスポート」の登録と管理を行うことができます。

   3)授業支援

 ・クイックアンケートで意見の共有をすることで、アクティブな授業を実現することができます。

 ・振り返りアンケートを使うことで、授業での学びをリフレクションさせることができます。

 ・レポート機能を使うことで、未提出者など課題提出管理が簡単に可能となります。

2.感覚的に使える

 ・校務や授業別に機能が整理されていてとても見やすい画面です。

 ・先生はもちろん生徒や保護者も迷うことなく感覚的に使えます。
 ・PC、タブレット、スマホでお使いいただけます。

 ・先生用、生徒用、保護者用の各種スマホ用アプリもあります。

3.強力なサポートチーム
 ・サポートセンターでの質問対応はもちろん、各業務別の勉強会を開催しています。

 ・不安な先生にも安心してお使いいただけるよう直接1対1でもサポートしています。

 ・マニュアルや運用ガイド、説明動画の検索も簡単にできます。

4.安心セキュリティー
 ・大企業や政府機関でも使われている堅牢なクラウドサービス「AWS」を採用しています。

 *導入実績などはこちらから→導入実績

 *パンフレットはこちらからダウンロードして下さい。→CラーニングのA4チラシ

 *Cラーニング説明小冊子はこちらからダウンロードして下さい。→Cラーニングの説明小冊子

EdTech導入補助金について

スクリーンショット 2022-04-18 18.51.59.png

学校等教育機関にEdTechツールを導入するEdTech事業者に対して、その導入に要する経費を補助する制度です。EdTech事業者が補助金の申請者となり、学校等設置者及び学校等教育機関等と連携し、EdTechツールの導入促進を図ります。
 

事業スキーム

スクリーンショット 2022-04-18 18.52.16.png

詳しくはこちらをご覧ください。→Edtech導入補助金2022ホームページ

EdTech成果報告

学校、教育機関関係者の皆様へ。→経済産業省作成の補助金説明資料

株式会社ネットマンは、令和2年度EdTech事業者として、全国の9つの学校に導入実証を行いました。

報告書はこちら ーー>  https://servicedesign-engineering.jp/files/libs/343/202103041925071657.pdf

動画での説明(5分youtube) ーー> https://www.youtube.com/watch?v=sFmwzKo-ThQ