PDCFA 導入情報2021年末版

ユーザー各位

 今年も多くの大手企業の新人研修、若手研修の人材育成において、書籍「科学的にラクして達成する技術」を活用した、目標達成のための行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」が採用されました。

また、研修の後の、行動実践と内省を習慣化する仕組みとして、ワークシートを使うことはもちろん、行動改善システムとして「PDCFAシステム」も活用されました。



PDCFAメソッドは以下のようなプログラムになっております。


タイトル:

 目標達成のための行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」5つの技術


内容:

 P:目標を立てる技術

 D:行動を続ける技術

 C:経験を振り返る技術

 F:人と学び合う技術

 A:自分の軸を見出す(行動を変える)技術


詳しくはこちらをご覧ください。https://www.netman.co.jp/pdcfa


以下2021年度のPDCFAメソッドの導入実績は以下10社となります。(敬称略、順不同)


・矢崎総業

・ダイキン工業

・ジョンソン・エンド・ジョンソン

・横河電機

・SCSKニアショアシステムズ

・技術商社ジェイテック

・ユニバーサル

・シミックホールディングス(定着は手書きのワークシート)

・三菱自動車(同上)

・ミツトヨ (同上)


すでに来年度の新人研修についての話し合いが始まっております。

PDCFAメソッドの社内インストラクター養成講座に申し込まれ、研修の内製化に挑戦している会社も増えてきております。


2022年度もPDCFAメソッドを活用した人材育成に寄与していきます。ご興味をお持ちの人材育成の方は、お気軽にお問い合わせください。