法人事業を統括する宮木俊明が執筆した『ひらめきとアイデアがあふれ出す ビジネスフレームワーク実践ブック』が出版されました


株式会社ネットマン事業開発マネージャー兼エバンジェリストとして法人事業を統括する宮木俊明が執筆した「ひらめきとアイデアがあふれ出す ビジネスフレームワーク実践ブック」がエムディエヌコーポレーションより発売されました。



【本の詳細】

思考を無限に広げて“カタチ"にする。


ビジネスフレームワークをワークショップ感覚で楽しく学べる本。


既存の型を埋めてみる段階は、フレームワークの初歩に過ぎません。本来の楽しみは、型を自己流にアレンジしたり、新しい型を生み出すことにあります。


フレームワークは使い方次第で“魔法の杖"になる道具ですが、一方で、取り扱いを間違えると、せっかくのアイデアや思考の広がりを阻害してしまうことにもなりかねません。


本書は「知る→守る→破る→離れる」の流れで構成されています。フレームワークの基本形にとどまらず、型をカスタマイズする、複数のフレームワークを組み合わせて活用する、新しい型を生み出す、といった実践的な使い方にも踏み込んで解説しました。


フレームワークの“本当の使い方"をマスターすれば、企画立案や問題解決、業務改善など、あなたの明日の仕事にも活かせるはずです!


〈本書の内容〉

■Chapter 1 知る─フレームワークは思考の「型」

■Chapter 2 守る─「型」通りに考えてみる

■Chapter 3 破る─「型」をカスタマイズする

■Chapter 4 離れる─新しい「型」を編み出す


〈本書で扱うフレームワーク〉

○情報整理:ロジックツリー/MECE/As is/To be ほか

○事業分析: 3C/4C/PEST分析/VRIO分析 ほか

○顧客理解:ペルソナ/共感マップ/カスタマージャーニーマップ ほか

○発想法: Yes, And/マンダラート/レゴ®シリアスプレイ® ほか

○体験設計: PASONAの法則/ストーリーボード/シナリオ・プランニング ほか

○戦略設計:バリュープロポジションキャンバス/ビジネスモデルキャンバス ほか

○自己理解:ジョハリの窓/Being Doing Having ほか

○目標設定: OKR/未来思考 ほか

○ふりかえり: KPT/YWT/Fun Done Learn

○サイクル: OODA Loop/コルブの経験学習サイクル ほか

○思考法:ロジカル思考/デザイン思考/ゴールデンサークル ほか


〈本書の特長〉

・「守破離」の流れで、基本から実践までを解説しています。

・イラストや図版を豊富に用いており、直感的に理解できます。

・型を埋めるだけではない、“本当の使い方"がわかります。


〈こんな場面で活用できる〉

・説得力のある企画書を作成する

・顧客やユーザーが「本当に求めているもの」を可視化する

・無理やムダが多い業務のプロセスや課題を洗い出す

・自社や他社の事業をロジカルに捉え、分析する など


〈こんな方にオススメ〉

・頭の中に散らばるアイデアを整理したい方

・既存のやり方に捉われず、自由に発想を広げたい方

・チームや組織が抱える課題を解決する糸口がほしい方

・部門を横断する業務の効率化を図りたい方 など


出版社: エムディエヌコーポレーション (2020/7/28)

著者:栄前田 勝太郎, 竹田 哲也, 宮木 俊明 ご購入はコチラから 【著者】





宮木俊明(みやきとしあき) 事業開発マネージャー兼エバンジェリスト プロフィールはコチラ