学生の「分からない」を残さない「アクティブラーニング」のコツ

【無料 オンラインセミナーです】

2022年4月1日 保健師助産師看護師学校養成所指定規則が改正、施行されます。

今回の改正の中で『看護基礎教育において情報通信技術(ICT)を活用するための基礎的能力やコミュニケーション能力の強化』がうたわれております。また、今春の感染症対策による休校中の対策としての遠隔授業でも、情報通信技術の一つであるLMS利活用の必要性を多くの方が感じる機会となりました。


第3弾企画 アクティブラーニングを学校全体で実践され、学習効果を上げている 看護リハビリ新潟保健医療専門学校 学校長 有馬慶美様にご登壇頂きます。(第1弾、第2弾は東京医療保健大学 西村礼子先生にLMS活用のコツについてご登壇頂きました。動画視聴をご希望の方はお申し付け下さい)


【以下のような方々が対象です】※参加は、学校関係者に限ります。

・授業設計にICT活用を考えているが何から初めて良いかわからない。

・ICTで学習効果を上げたい。

・LMSとは何かわからない。

・LMSの活用は分かるが、なかなか導入に踏み切れない。

・LMSを活用した授業のイメージがわかない。

・アクティブラーニングについて知りたい。

・C-Learningについて知りたい。

・LMSを活用したオンラインセミナーを受講してみたい。


【8月21日(金)16:00ー17:00 

『学生の「分からない」を残さない「 アクティブラーニング」のコツ』

講師:看護リハビリ新潟保健医療専門学校 学校長 有馬慶美様

講演内容:

定員いっぱいの学生を集め、ひとりも留年、休学、退学させず、 入学したままのメンバーで国家試験にチャレンジ、合格、 学校を卒業する学校づくりを実践されている看護リハビリ新潟保健医療専門学校。留年・退学が多いというピンチを、 学校独自のアクティブラーニング「ALEC(アレック)授業」を取り入れることで、 学生が自ら学ぶ学習スタイルに変革し、チャンスに変えた軌跡についてお伝え致します。


お申込みはこちら↓

(当日の参加が難しく動画視聴参加希望の方もこちらでお申込み下さい。)

https://c-learning-kango03.peatix.com


Peatix以外のお申込み方法

r.oda@netman.co.jp

に「オンラインセミナー参加希望」と件名に記載し、ご連絡下さい。


【講師プロフィール】

有馬慶美(Keimi Arima)

学校法人 新潟福祉医療学園 理事

看護リハビリ新潟保健医療専門学校 学校長

博士(保健学 神戸大学) 理学療法士


【経歴】

1986年 西日本リハビリテーション学院卒業

1986年 益城明星病院 リハビリテーション科主任

1987年 九十九里ホーム病院 リハビリテーション科主任

1995年 山形医療技術専門学校 理学療法学科 学科長

1998年 日本理学療法士協会 研究開発部

2000年 オーストラリア グリフィス大学留学

2006年 神戸大学大学院 医学系研究科 博士後期課程 修了

2006年 新潟保健医療専門学校 副校長

2009年 日本理学療法士協会 教育ガイドライン作成委員

2011年 新潟保健医療専門学校 学校長


【業績】

【研究テーマ】

理学療法教育,教授法,学習科学,認知心理学,教育工学など

【著書・訳書】

筋骨格系のキネシオロジー 第3版(監訳):医歯薬出版

概説理学療法学 第2版(監修):文光堂

理学療法臨床診断学への志向(単著)):文光堂

ケースで学ぶ理学療法臨床思考(シリーズ4編.編集):文光堂

理学療法データブック(監修):文光堂

理学療法プラクティス(シリーズ4編:編集):文光堂

訪問理学療法ガイド(編集):文光堂

理学療法士作業療法士国家試験 完全学習ノート(監修):文光堂

理学療法学辞典:医学書院

理学療法 検査測定ガイド:文光堂

理学療法評価:メディカルプレス

理学療法概論:神稜文庫

筋骨格系検査法:医歯薬出版

キネシオロジー:医歯薬出版

理学療法プロフェッショナルガイド:文光堂

物理療法学:大学教育出版


アクティブラーニングテキスト・理学療法学(シリーズ4編:監修中):文光堂

ケースで学ぶ理学療法臨床思考 第2版(シリーズ2編.監修中):文光堂