コロナ禍で学びを止めない一心で取り組んだ看護系学校のスマホと動画の活用事例(富士市立看護専門学校様 Cラーニング導入事例)

【概要】 急に始まった休校。それまでは、ICT活用に積極的でなかった教員 も取り組むことになった。その中で、看護技術の授業において、教 員だけなく生徒からの動画レポートを使うことで、非常に教育効果 の高い授業の実践に結びついた。 看護技術の授業は、一方的に授業を行えば済むものではなく、どう やって技術を習得させるのか、演習をどうするのかという授業設計 に悩む教員に有効な事例です。




富士市立看護専門学校

所在地:静岡県富士市

程:看護専門課程(3年課程)

科:看護学科

学生定員:120人(各学年40人)

教職員:20名(うち専任教員:14人)


授業事例:科目名:基礎看護技術Ⅲ(安全・安楽)

対象:1年生が最初に学ぶ看護技術

授業概要:感染予防から始まり、「清潔」と「不潔」を区別して、

「滅菌操作」の技術を身につける。


具体的にどのように行われているのかがわかる詳しいPDF資料をダウンロードできます。

以下に必要事項を入力して送信してください。返信メールにてPDFファイルの資料ダウンロード先をお伝えします。