中2の体育授業において、言いにくい意見も伝え合える「安心安全の場作り」をした結果、スポーツを楽しめる生徒が増えていく事例(愛知教育大学附属名古屋中学校様)

【概要】

中2体育「バトミントン」の授業事例。体育館は教室より空間が広いこともあり、自分の意見を言えない生徒が発生しやすい。誰もがスポーツを楽しめるようにCラーニングを利用して安心安全の場作りを行った。

(参考)文科省が提唱している生涯スポーツ社会(国民の誰もが、それぞれの体力や年齢、技術、興味・目的に応じて、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことができる生涯スポーツ社会)を実現する

https://www.mext.go.jp/a_menu/hyouka/kekka/08100104/055.htm

【インタビューをさせて頂いた先生】

愛知教育大学附属名古屋中学校 小池義明先生

授業事例:体育「バドミントン」 中学2年生:36名

ルールから自分たちでつくり、全員でバトミントンを楽しめる場をつくりあげる

【課題】ICTを活用する前に問題となっていたこと。

体育は技能差・経験差があるため、意見を言いにくい生徒がいる。

全ての生徒(特にスポーツを楽しめていない人)の意見が聞きたかったが、手挙げ式ではあがりにくかった。

授業でCラーニングのアンケート機能を活用し、毎時間、生徒の意見を聞き、授業に活かした。生徒の戦略的気づきを大切にし、授業設計することで、生徒がスポーツを楽しめるようになる過程を創造した事例です。


具体的にどのように行われているのかがわかる詳しいPDF資料をダウンロードできます。

以下に必要事項を入力して送信してください。返信メールにてPDFファイルの資料ダウンロード先をお伝えします。