EdTech導入補助金を活用した
Cラーニングの無料導入学校・自治体を募集します

株式会社ネットマンは、学習管理システムである「Cラーニング」を無料で導入し、実証にご協力していただける学校及び自治体の募集をいたします。申請締め切り 2021年7月9日

Cラーニングについて

Cラーニングはこれまで延べ20万人の小・中・高・専門・大学の学習者への導入実績がある先端的教育用ソフトウェア(EdTech)です。教務・授業支援のプラットフォームとして多くの教育機関で使用されています。

(1)10の主要ツール

・出席管理、連絡、アンケート、教材配布、テスト、課題回収、グループ対話などが全てオンライン上で実現します。

・通常授業で活用していただければ、授業がよりアクティブになります。

・閲覧ログの管理(既読/未読の判別)が可能なので、情報が届いたことがわかります。
・学習者同士がお互いの回答を閲覧・コメント・相互評価をしあうことで、協働学習を実現します。
・教員が⽣徒の理解度・到達度を把握しながら、協働学習反転授業にご活用いただけます。

(2)感覚的に使える

・ツール別に整理されていてとても見やすい画面です。

・先生のみならず、児童・生徒や保護者も迷うことなく、感覚的に使えます。
・PC、タブレット、スマホでお使いいただけます。

・スマホ用アプリもあります。

(3)強力なサポートチーム
・20年の実績をもとに、サポートセンターによる質問受付の他、各種セミナー(勉強会)を開催し、先生方と伴走しています。

・特に導入時には、PC操作やオンライン授業に不安な先生にも安心してお使いいただけるよう、サポート致します。

(4)堅固なセキュリティー
・世界中の大企業や政府機関でも使われている堅固なクラウドサービス「AWS」を採用しています。

 *導入実績などはこちらから→導入実績

 *詳しい資料はこちらからダウンロードして下さい。→学校ICT活用ハンドブック

EdTech導入補助金について

学校等教育機関にEdTechツールを導入するEdTech事業者に対して、その導入に要する経費を補助する制度です。EdTech事業者が補助金の申請者となり、学校等設置者及び学校等教育機関等と連携し、EdTechツールの導入促進を図ります。
各学校設置者及び学校等教育機関の皆様におきましては、各々の教育方針を前提に、 EdTech事業者からの手厚いサポートのもと、長期の継続的なEdTechツールの活用を視野に入れたEdTech導入の第一歩として本事業をご活用いただけますと幸いです。

事業スキーム

Edtechについて3.png

詳しくはこちらをご覧ください。→Edtech導入補助金2021ホームページ

Cラーニング導入実証のお申し込み


【ご注意】

お申し込みは、下記のいずれか条件に当てはまる学校等に限定されております

・学校教育法第1条に定める学校(幼稚園及び大学を除く)

・教育支援センター(適応指導教室)

・以下の①~③の要件を満たすフリースクール

 ① 不登校児童・生徒に対する学習支援・指導・相談を主たる目的とし、交付申請時点までに2年以上の活動実績があること。

 ② 児童・生徒の在籍校との間に十分な連絡体制が構築されていること。

 ③ 複数世帯の児童・生徒(小、中学生)を受け入れていること。

​・文部科学大臣の認定を受けた在外教育施設(海外の日本人学校等))

※すでにCラーニングを団体契約されている学校様は助成の対象外となります。​

EdTech成果報告

株式会社ネットマンは、令和2年度EdTech事業者として、全国の9つの学校に導入実証を行いました。

報告書はこちら ーー>  https://servicedesign-engineering.jp/files/libs/343/202103041925071657.pdf

動画での説明(5分youtube) ーー> https://www.youtube.com/watch?v=sFmwzKo-ThQ